FC2カウンター
 
 
プロフィール
 

スミケン

Author:スミケン
長年やってます!!
波乗り・スノ-ボ-ド・その他 面白そうな事
年寄りの冷や水と言わないで!!
まだまだ若いつもりです!!

励みになるので
コメント下さいな!!

 
バリ島ガイド
 
 
Flag Counter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 

DVDのダビング

 
2011/01/18(Tue) Category : サーフィン
DVDのダビングを頼まれて…

市販のDVDをコピーすることは、違法なんです。
日本では、あまりないですけど
アジアの他の国では、コピーした映画のDVDは当たり前のように売られていますけど!
もちろん バリ島でもあちこちで売ってるけどね
ネット上にコピーガードを解除するフリーソフトも色々あって
割と簡単に 映画のDVDでもコピーできるんですけど その行為は、違法なんです!!

今回は、そんな事では 無くって
バリ島で作って貰ったDVDをコピーして欲しいとのことだったので
まあ 簡単に出来るだろうと思って引き受けたのですが
これが中々 難しくて・・・

2枚のディスクをコピーしてほしいとの事だったのですが
2枚共 PCで見ることは出来るが 日本のDVDプレィヤーでは見られないらしい。
試してみると確かにPCでは見られる。 ps2では、見られない。
でも もう一台のDVDプレィヤーでは、どういう訳か ちゃんと見られるじゃないですか!!
なんでやねん??? ようわからん???
手こずりそうな嫌な予感が・・・

調べてみると1枚は、DVD もう1枚は、VIDEO CD って書いてある。
VIDEO CD って何? あんまり聞いたことが無い
webで調べると
ビデオCD(VCD)は、CD-ROMに動画や音声などを記録し、対応機器で再生するための規格。
ビデオCDの映像画質は「VHS(ノーマルVHS)の3倍モードと同程度」とされるが、VHSのアナログ形式と異なりデジタル形式で格納されているため、画像の劣化がVHSより目立たない。特に、ジッターと呼ばれる映像の横揺れはなく、ノイズや色むらなども少ない。これはDVDと同様、映像記録時に意図的に目立たない部分の情報を割愛して圧縮しているためである。ただし、ビットレートが低いため、動きの激しい映像では、ブロックノイズが多発する場合もある。
CDの物理規格を映像記録に転用したものであるため、比較的安価に製造できる。そのため、DVDが登場する以前から、レーザーディスクより安くVHSより高品質なメディアとして、香港やフィリピン、台湾などのアジア地域で広く普及した。

と言う事なんだけど 

まずVCDの方からやっつけよう

VCDを作るよりDVDに焼いた方が良いと思うので 引き続きwebを調べる
そしたらあった!!
ディスクの内容をPCにコピーして
その中のフォルダーで xxxx.DAT というファイルが入っているのを見つけて
その拡張子 DATをMPG に書き換える。 ファイルの名前が xxxx.MPGになればOK。
変更したら アイコンが画像になった。
そして PCに大体インストールされているDVDとかの編集ソフトを使ってDVDに焼けば良いみたいです。
私は、「Windows Live Movie Maker」を使って DVDに焼きました。
チェックしてみると ps2でもちゃんと見られる!!
これで第一段階終了! やった!!

次は、DVD
DVDには、リージョンコードというのが設定されていて 地域によって違うから これを変更すればいいのかな?
リージョンコードっていうのは
DVD-Videoの規格を策定する際に映画業界の要望によって導入された。例えばハリウッドの大手映画会社が制作した映画作品は世界中で上映されるが、日本では北米に比べて数ヶ月遅れて上映開始となることが多い。日本での公開時には既に北米版のDVDが発売されていることがあり、消費者が輸入版DVD購入に流れて映画の興行収入が落ちることを防ぐ目的がある。
ただし北米版のDVD-Videoに日本語字幕や日本語吹き替えが収録されることはほとんど無い。日本では吹き替えや字幕への需要が高いため、一般映画の北米版を積極的に購入しようとする日本のユーザーはかなり少ない。しかし音楽やアダルトのDVDに関しては輸入盤の需要が高いことと日本版の価格が北米より非常に高いことが多いため、日米でリージョンを分けることは特に日本のメーカーにとって商業上意味があるものとなっている。
輸入盤の方が安価に購入できることや日本国内で販売されないリージョン1のDVD-Videoソフトも数多く存在することにより、輸入盤DVD-Videoを視聴したい消費者にとってリージョン制限が悩みの種となることがあり、消費者にはメリットの無いものと言える。
実際にはどのリージョンのDVDでも再生することが可能(リージョンフリー)か、またはそのように改変することができるDVDプレーヤーが多く出回っている。

リージョン
と思って調べてみたけど 映画のDVDじゃなく自分で作ったDVDは、リージョンフリーらしい。
と言うことは これは、関係ない。

調べていくと映像の規格が国によって違うらしい
どうも3種類くらいあって インドネシアと日本では違う。
インドネシアは、PAL 日本は、NTSC これを変更しないと駄目みたい。
映像規格 
National Television Standard Committee(全米テレビ放送規格委員会)。
この委員会が決定したテレビ放送の基準信号がNTSC信号です。
日本などアメリカの影響下にある諸国では、放送規格としてNTSC信号を採用し、
その国のビデオ信号の一般的規格となっています。
ちなみに西欧諸国、あるいはその国を旧宗主国とする国々では、PALと呼ばれる
規格を採用、旧ソ連を中心とする旧共産圏ではSECAMと呼ばれる規格を採用
し、お互いに互換性がありません。
走査線の数はNTSC(525)、PAL(625)となっています。
双方のビデオを見たい場合はそれに対応したビデオデッキが必要となります。

pal

DVDの映像形式を調べる為に webで見つけた「ifoedit」というソフトをダウンロード。
このソフトは、DVDの情報を調べたり 変更したりできるらしい。

「ifoedit」でDVDの内容を調べてみると 
やっぱり PAL方式でリージョンフリーのDVDでした。

「ifoedit」でNTSCに変更してDVDを焼いて見たのですがうまくいかない
どこか間違っているみたい
確か「WindowsLiveMovieMaker」でDVDを焼くときPALにするかNTSCにするかチェック項目があった!!!!
「WindowsLiveMovieMaker」を使ってやってみよう!!

「DvdShrink」でリッピングと圧縮をしてPCにデータを保存して
次にそのデータを「WindowsLiveMovieMaker」を使って映像方式NTSCを指定して焼いたら出来ました!!! 
「WindowsLiveMovieMaker」なかなかgoodです。

でも焼くのに時間がかかるんだなぁ そこそこの枚数を焼くのには、面倒!!
そこで、「WindowsLiveMovieMaker」で焼いたディスクを
「Dvdshrink」でリッピングと圧縮→「DvdDecrypter」で書き込みの段取りで処理をすることにして時間短縮。

やり方が分かったので 後は単純作業!!
2種類のディスクを PALで5枚づつ NTSCで20枚づつ計50枚作りました。

結局 なんやかんやで 2日半かかってしまって
肩こりパキパキになってしまったけど いい勉強になりました!!

家のもう一台のDVDプレィヤーを調べるとPALとNTSC双方対応でリージョンフリーだった。
どうも海外製の安いDVDプレィヤーはそういうのが多いらしいです


ランキング参加しています。 クリックよろしく!!



にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
ブログランキングBALI島
ブログランキングインドネシア 
FC2ブログランキング
 
 
検索フォーム
 
 
天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
 
台風情報
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QR
 
フリーエリア
 
 
あしとも